Pocket

2018年春のセンバツに出場が決まった下関国際高校について秋の大会のメンバーや戦績、今のチーム情報や注目選手について紹介してセンバツを見るさいにさらに楽しめるように紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

下関国際高校野球部の紹介

山口県代表 下関国際高校 初出場

最近めきめき力をつけてきた高校で、15年春に県大会初優勝、夏も準優勝

17年夏に初めて甲子園に出場しました。

監督は坂原秀直監督です。

阪原監督が手腕を発揮したおかげでチームが強くなり始めたといっても過言ではないでしょう。

秋大会のチーム成績は、県大会は優勝、中国大会は決勝で負けました。

下関国際高校野球部メンバーの出身中学と守備一覧

 

番号 名前 守備 出身中学
1 鶴田克樹 投手 福岡 北九州市早鞆中
2 品川 優人 捕手 山口 長門市菱海中
3 木下 尚穏 内野手 山口 下関市豊北中
4 浜松 晴天 内野手 広島 三原市第三中
5 川上 顕寛 内野手 福岡 飯塚市穂波東中
6 甲山 達也 内野手 広島 広島市中広中
7 西山 勇輝 外野手 山口 下関市彦島中
8 木村 大輝 外野手 山口 宇部市桃山中
9 吉村 英也 外野手 山口 周南市周陽中
10 佐本 快 控え 福岡 北九州市田原中
11 岩本 雄斗 控え
12 谷本 智 控え 山口 山口市小郡中
13 宮下仁 控え 山口 下関市川中中
14 中尾 晴樹 控え
15 井本 雅也 控え
16 山田 一介 控え
17 杉田 大和 控え
18 渡辺 陸 控え

 

8名が山口県の出身者です。

他県からもかなりの選手が入学しているようです。

福岡県や広島県の出身の選手も多いようで、スポーツ特別推薦制度を利用し、

入学してくる選手が多いようです。

注目選手について

鶴田克樹

非常に体格にめぐまれた右腕です。

140キロを超える体重の乗った重い球とキレの良いスライダーを駆使して投げ込んできます。

大きな体を生かして、バッティングにもとても魅力がある選手で、前チームから主軸を担っている選手です。

中学時代までは捕手だったので、それを生かしたプレーをして行くことができるようですし、チームの大黒柱として活躍することは間違いなしですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋大会のメンバーと注目選手、監督についてまとめてきました。

野球は自滅のスポーツと何よりも四球を嫌い、ストライクゾーンを上下二分割とし、楽に投げさせるようにと監督の考えがどんどんとチームに浸透しているようですね。

皆が考えを理解しチームがひとつの方向を向いた時にさらに勝利が近づいてくるでしょう。

一冬こえた姿を楽しみに見守って行きたいですね。