Pocket


2018年春のセンバツに明秀学園日立出場が決まりました。

チーム情報や注目選手について紹介してセンバツを見るさいにさらに楽しめるように紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

明秀学園日立高校野球部紹介

茨城県代表 明秀学園日立高校 初出場

選抜の出場はありませんが、茨城では名が通っている強豪校です。

野球だけでなく、女子バスケットも有名で、最上のクラスだと偏差値は58です。

監督は坂本勇人選手ら好選手を光星学院で育てた名将金沢成奉監督です。

2012年に高校の指導について以来、着実に力を伸ばして来ており、さすが名将と言える様な手腕を見せております。

秋大会のチーム成績は県大会は優勝し、関東大会は決勝で惜しくも負けてしまいました。

2018年春選抜甲子園大会ベンチ入り選手の情報

2017秋季の茨城県大会のメンバーの出身中学一覧です。

番号 名前 守備 出身中学
1 細川 拓哉 投手 茨城 北茨城市中郷中
2 高田 光基 捕手 大阪 東大阪市新喜多中
3 池田 陵人 内野手 兵庫 加古川市平岡中
4 芳賀 大成 内野手 福島 棚倉町棚倉中
5 鈴木 翔太 内野手 福島 塙町塙中
6 増田 陸 内野手 大阪 大阪市春日出中
7 岩田 侑大 外野手 大阪 大阪市井高野中
8 佐伯 尚吾 外野手 茨城 桜川市岩瀬東中
9 北野 凱士 外野手 和歌山 和歌山市河北中
10 長尾 巧 控え 大阪 堺市浜寺中
11 上野 雄大 控え 東京 大田区羽田中
12 鈴木 慧人 控え 宮城 大崎市古川中
13 清水 悠斗 控え 奈良 奈良市富雄中
14 砂子 流星 控え 大阪 吹田市第三中
15 石原 亘輝 控え 大阪 大阪市大桐中
16 安田 翔梧 控え 大阪 大阪市阿倍野中
17 山口 快斗 控え 鳥取 鳥取市南中
18 吉田 快 控え 宮城 仙台市折立中
19 有住 昴大 控え 山形 山形市第七中
20 阿部 友裕 控え 茨城 神栖市神栖第二中

 

茨城県内の出身の選手はかなり少ない様です。

勝手なイメージかもしれませんが県外出身が多いとあまり好かれないイメージもあるかもしれません。

しかし、高校生のうちに親元を離れて野球をできるでしょうか?

地元の仲間と離れてまでも、自分の心地の良い場所を離れてまでも、本当に遠い夢を目指して野球をすることを15歳で決意できるでしょうか

そう考えるとすごいですよね。

もちろん地元の高校で、甲子園を目指す球児も強い意志を持って毎日真剣に取り組んでいると思います。

高校球児は県内出身だろうと県外から来た選手だろうと、野球に対する気持ちとそれに向ける覚悟を持って日々の練習に取り組んでいるのだと思います。

一つの高校のチームとして応援していきたいですね。

注目選手について

芳賀大成

身長はそれほど大きくはないですが、スイングが鋭くパンチ力のある打者です。

1年生の時からレギュラーを担っており、最上級生となった今ではチームの中心を担っている選手の一人です。

監督も期待を寄せている選手の一人です。

若松祐斗

中学時代には、U−15リトルシニア選抜に選出され2014年全米選手権に出場。

あまり身長は高くはないが、どっしりした構えから振り出される力強いスイングは周りに期待を持たせる素晴らしいスイングです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋大会のメンバーと注目選手、監督についてまとめてきました。

県外からも積極的に選手を集めて、着実に力をつけて来ている高校です。

冬を越えて、確実性と最後の粘り強さを身に付けることが出来たなら、大会のダークホース取る可能性は高いでしょうね。

今からとても待ち遠しいですね。

スポンサーリンク