Pocket

2018年春のセンバツに出場が決まった松山聖陵高校について秋の大会のメンバーや戦績、今のチーム情報や注目選手について紹介してセンバツを見るさいにさらに楽しめるように紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

基本的なチーム紹介

愛媛県代表 松山聖陵高校 初出場

16年夏に初めて甲子園の舞台に足を踏み入れました。

監督は荷川取秀明監督です。

この高校を甲子園に2度も導いた監督です。

秋大会のチーム成績は、愛媛県大会は優勝、秋季四国大会はベスト4でした。

2018年秋大会ベンチ入り選手の情報

2017秋季の四国大会のメンバーの出身中学一覧です。

番号 名前 守備 出身中学
1 土居 豪人 投手 愛媛 宇和島市城東中
2 柳本晋一郎 捕手
3 今村広志郎 内野手 大阪 高槻市第一中
4 富里 尚史 内野手 沖縄 那覇市石嶺中
5 真栄城隆広 内野手
6 星本 大輝 内野手 兵庫 加古川市氷丘中
7 大城 優太 外野手 沖縄 浦添市港川中
8 平良 倭麻 外野手 沖縄 名護市名護中
9 折田 玲 外野手 兵庫 神戸市西落合中
10 前里 祐 控え 沖縄 浦添市浦西中
11 中村 有 控え 沖縄 沖縄市美東中
12 隅田

寛輝之亮

控え
13 本田 裕大 控え 愛媛 西条市西条北中
14 山崎 智貴 控え 大阪 泉南市信達中
15 村上 尋 控え
16 田窪 琉風 控え 沖縄 名護市名護中
17 大城 碧生 控え
18 小畑 拓巳 控え 大阪 松原市松原第六中
19 松井 翔磨 控え 愛媛 四国中央市土居中
20 安本 雄亮 控え

3名が愛媛県の出身者です。
他県からもかなりの選手が入学しているようです。
沖縄などを中心に選手が集まってきており、近畿圏からも
何名かの選手が入部しております。

注目選手について

土居豪人

大型の長身の本格派の投手です。

最速144キロの直球と鋭いキレのある変化球を投げ込んできます。

秋大会は制球に苦しみましたが、ジムでのトレーニングにより、制球改善と同時に変化球のキレもアップしました。

また精神面の課題も克服し、伸び代たっぷりの選手です。

ドラフト注目選手の一人なので、暴れまわってその先も見れるように頑張って欲しいですね。

富里尚史

大怪我を乗り越えた韋駄天です。

昨春の四国大会の決勝で、十字靭帯の断裂により一度はレギュラーから外れ、野球もできない日々も続いたのですが、リハビリを行い、見事に気持ちの強さで復帰。

県大会から追加メンバーで入り3番として大活躍しました。

間違いなくチームの中心選手の一人である選手です。

ぜひ甲子園の夢舞台で思いっきり駆け回って欲しいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋大会のメンバーと注目選手、監督についてまとめてきました。

心の野球を監督は選手に強調しています。

高校野球でやってきたことを社会で活かすには、心と体を鍛えること。

それが技術につながる。

と指導を受けている選手たちです。

冬を越えて、ひとまわりもふた回りも大きくなっているでしょうね。

一冬こえた姿を楽しみに見守って行きたいですね。