Pocket

こんばんは。
カナダの大学と医療チームが合同で、17カ国13万人を対象に調査したところ
『一日30分の家事や軽い運動で死亡リスクが3割低下する』という結果がでました!

たったの30分で!?
効果なんてあるの?
なにが出来るの?
今回は、そんな疑問を検証してみました。

スポンサードリンク

この頃、運動不足で身体が重い…。
デスクワークばかりで肩が凝る。頭が痛い。
『あ!わたしも…』と思ったあなた。
もしかしたら死亡リスクが高まっているかもしれません!

日本は、世界一座っている時間が長い国とされています。
仕事人間の多い日本では、運動不足な方も多いのではないでしょうか。
データでは、1日11時間座っていると、4時間未満の方と比べて40%も死亡リスクが増えるのだとか。

ジムへ通って、運動したいけど…時間がない・費用がかかるなど
行きたくても行けない!このまま死亡リスクを増やし続けるの?と不安な方に朗報です。

家事やウォーキングが良いと言われている理由を検証してみた!

家事なんてそんな大して運動にならないわ…。と思ってる方も多いのでは?
実際に運動と家事の消費カロリーを見比べてみましょう。

■1時間の消費カロリー比較
ジョギング
470kcal
階段を昇る
371kcal
エアロビ
247kcal
掃除
134kcal
ウォーキング
193kcal
洗濯・買い物
109kcal

毎日の家事でも、いい運動になっているんですね。
掃除でも、掃除機ではなくホウキを使う・拭き掃除を増やすなど、運動につながりそうです。
階段を昇ることは想像以上にエネルギーを使っていることには驚きました。
どうりで息切れが酷い…。
しかし、階段は30分登り続けるには、相当な精神力と体力が必要です。
死亡リスクが減る前に、三日坊主で続きませんね。じゃあ、どうしたらいいの?

おすすめは、ウォーキング!

健康にいいとして人気ですよね。
ウォーキングなら手軽に始められますし、身体的に負担にもなりません。
日々の習慣にしてみるのは如何でしょうか。
1日15分から始めてみてもいいと思いますよ!

30分でどんな効果?体験してみた
筆者も、愛犬を連れて毎日ウォーキングに勤しんでいます。
正しい歩き方もありますが、気にせず早歩きでキビキビと。

個人差はあるかもしれませんが、15分も歩くと、身体が温まり、冷えていた手足も温かくなります。
景色を見ながら移りゆく季節を楽しむなど、ストレス発散とリラックス効果は高いですね。

ウォーキングは以下のような身体的効果が期待できます。
・便秘解消
・不眠緩和
・基礎代謝UP
・心肺機能向上

早朝に毎日習慣付けると、一日規則正しい生活ができるのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?
結果をまとめてみましょう。
30分家事をすると死亡リスクが減る理由は
→カナダの大学と医療チームが調査したところ
『一日30分の家事や軽い運動で死亡リスクが3割低下する』という結果
なんと実際に調査結果が出ていたのです。
データを比較もしてみました。
家事やウォーキングが良いと言われている理由を検証してみた!
→実際に数値の比較をしたところ、家事でも軽い運動と同じくらいの運動量がありました。
一日30分の家事・ウォーキング、侮れない効果がありました。
掃除だけでも、エアロビの1/2のエネルギー消費です。
継続しやすいウォーキングをチョイスして実践してました。

30分でどんな効果?体験してみた
→実際に、たった30分でも効果がでるんです。
・血行促進
・ストレス解消

他に以下の効果も期待できます。
・便秘解消
・不眠緩和
・基礎代謝UP
・心肺機能向上

家事はお金にはなりませんが、自分の運動と思えばストレッチに早変わり。
家事でのおすすめは雑巾がけです。モップがけでも力をいれれば全身運動に早変わりですよ。

なにかを始めるには気持ちの良いシーズンです。
早速、日々の家事やウォーキングで死亡リスクを減らしましょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。