Pocket


赤ちゃんが咳と鼻水を出し始めてから、かなりの日数が経っていることがあります。

すぐに治ると思っていたのにこれだけ症状が長引くと、少し心配になってきますよね。

赤ちゃんの咳や鼻水が長引く原因とは、いったいどのようなことが考えられるのでしょうか。

また赤ちゃんの咳や鼻水が長引く時の対処法も把握しておけば、ひどくなる前に症状を緩和することができます。

そこで今回は赤ちゃんの咳と鼻水が長引くときはどうしたら良いのかをしってると、対処の仕方も変わってきて安心ですよね。

今回は原因などを詳しく説明してみたいと思います。

赤ちゃんの咳が長引く原因

赤ちゃんの咳が長引く原因として考えられるのは、気管に付着した痰などを吐き出すためです。

この場合は、ゼロゼロとした湿った咳の症状が長引くという特徴があります。

また赤ちゃんのいる部屋の換気などをしないと、ホコリなどが舞っていてそれが刺激になっていることが考えられます。

このような原因がある場合には、コンコンと乾いた咳が長引くのが特徴です。

赤ちゃんの咳が長引くと、近くの器官である耳にも炎症が広がって中耳炎になる可能性があります。

朝方などにひどくなりやすく、咳と同時にヒューヒューとした苦しそうな呼吸をする場合には喘息の疑いも視野に入れましょう。

乾いた咳が長引く場合には赤ちゃんの体力を消耗させる危険性があるので、早めに病院で診てもらう必要があります。

病院に行かずに市販の咳止めシロップを飲ませるケースも多いのですが、原因がハッキリわかっていないと逆に悪化することもあります。

咳を止めることで本来体から追い出したい悪い菌などを留めておくことになり、治りが遅くなってしまうのです。

赤ちゃんの咳は安易に市販の薬で済まそうとせず、専門医の診察を受けたいですね。

赤ちゃんの鼻水が長引く原因

赤ちゃんの鼻水が長引く原因は、必ずしも風邪だけではないというのを頭に入れておく必要があります。

透明なサラサラした鼻水が長引く場合は、アレルギーによるものの可能性もあるのです。

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎は大きく分けて2種類があり、花粉などが原因の季節性とホコリなどが原因の通年性があります。

風邪で鼻水が出ている場合には黄色くてドロっとしており、長引いても1週間ほどで治るのが一般的です。

ただ赤ちゃんは自分で鼻水の状態や症状を伝えることができないので、大人が良く観察していく必要があります。

もし鼻水が1週間以上長引く場合には、風邪以外の可能性を視野に入れて病院で診察を受けましょう。

赤ちゃんの咳と鼻水が長引く時の対処法

赤ちゃんの咳と鼻水が長引くと、たとえ熱がなくても心配になってしまいます。

そこで赤ちゃんの咳と鼻水が長引く場合の対処法を把握して、なるべく早くおさまるように行動していきましょう。

お出かけは控える

赤ちゃんの咳や鼻水が長引くときは、不用意なお出かけは控えるようにしましょう。

外出することでウイルスや菌に感染しやすくなり、またホコリなども多く吸い込んでしまう原因となります。

熱がなくてもなるべく家の中にいた方がアレルゲンとの接触も避けられるのです。

その際は、家の中を清潔に保って換気もこまめにおこないましょう。

湯船に浸かる

赤ちゃんが発熱していない場合には、湯船に浸かって蒸気を吸い込ませましょう。

温かい蒸気を吸うことで気管が広がって咳が鎮まる他、鼻腔も広がるので様々な菌やチリを含んだ鼻水もより出やすくなります。

体を温めることで抵抗力も高くなるので、お風呂は毎日入るようにしてくださいね。

部屋の湿度を調整する

部屋の湿度を60〜70%くらいにすることて、咳や鼻水の原因となる風邪の菌が活動しにくくします。

またホコリなどが舞い上がるのを防止することもできるので、赤ちゃんがいる部屋の湿度を調整するのはとても重要なことなのです。

加湿器を使ったり濡れタオルを干しておくなど、工夫して湿度を高く保ちましょう。

まとめ

赤ちゃんの咳と鼻水が長引くときはどうしたら良いのか、原因と対処法についてご紹介してきました。

赤ちゃんの咳が長引くのは風邪だけでなく、アレルギーや喘息などが原因となります。

また鼻水が長引く原因も風邪以外にアレルギー症状があります。

まずは原因を特定しないと対処法も実践しにくいので、早めに病院に行くことが大切です。

その上で外出を控えたり湯船に浸かって蒸気を吸う、そして部屋の湿度を調整するなど日常的なことから注意していきます。

赤ちゃんのつらい咳や鼻水が少しでも早く治るように、最初に原因を突き止めて正しい対処法をおこなっていきましょう。

スポンサードリンク