Pocket

トニー賞はアメリカで最も賢威のある賞です。

残念ながら主演男優賞は逃しましたが、最優秀リバイバル賞を取りました。

渡辺謙さんは、演じる際に。

観客が王様と私の王様は剃髪のユルブリンナーのイメージが強いから、出来るだけ近づけるようにしたようです。

いつかユルブリンナーの王様を超える王様役を演じたいと思っていたみたいです。ou

授賞式には黒柳徹子、宮本亜門、八嶋智人、井上芳雄、柚希礼音、そして的確な解説をする演劇ジャーナリストの影山雄成さんがきていたようすです。

やっぱりみんな注目しているのね。

その練習風景や、55歳で英語に挑戦し、他の俳優さんのお手本になったのではないでしょうか、リバイバル作品賞を取ったことでますますロングラン公演が予想されます。

日本からも行く方が大勢いると思いますよ。

できたら私も行ってみたいです。

ミュージカルの内容は、王様に雇われたイギリス人のアンナが、封建的な王様に、文化や愛情をもたらせていく様子を描いています。

そして今その授賞式が行われていますが、トニー賞が初めてもうけられたのは、1947年です。

日本人で未だ受賞した人はいませんのでかなりの盛り上がりです。

渡辺謙さんがノミネートされてるのは、「ミュージカル主演男優賞」

リバイバル作品賞をとりました。

今回渡辺謙さんがノミネートされているのは「ミュージカル主演男優賞」。

渡辺謙と王様と私に出演したルーシー・アン・マイルズさんがミュージカル助演女優賞を受賞しました。

授賞式でパフォーマンスを披露してかなりの拍手をもらったようです。

凄い!。

演劇部門では、「夜中に犬に起こった奇妙な事件」が作品賞。監督賞。主演男優賞を受賞したようです。

演劇部門では「夜中に犬に起こった奇妙な事件」が作品賞、監督賞、主演男優賞などを受賞。アスペルガー症候群の主役の少年を演じたアレックス・シャープはまだ25歳のブロードウェーデビュー。スピーチでは「この賞は、他人と異なるすべての人のためです」と語りました。

現地まで行ってブロードウエイの作品を毎回観ている芸能人に明石家さんまさんや上沼恵美子さんがいます。

好きな人は好きなんですね。

ミュージカル・リバイバル部門を取るだけでも日本の宝だと思います。