Pocket

アメブロの情報では、放送作家の鈴木おさむさんがブログでマタニティータクシーを予約したとあったので、マタニティタクシーとはどんなサービスをしてどんなシステムなのでしょう調べて見ました!

スポンサードリンク

利用の仕方は?

大手のタクシー会社が行っているサービスで、東京では、東京23区 三鷹市、武蔵野市で利用するときは、登録が必要です。

日本交通では2012年からこのサービスを実施しているようです。

出産する人の名前、電話番号 夫、などの名前(緊急連絡先)出産予定日 自宅など、迎えに行く場所
出産する予定の病院の電話番号などを電話で登録します。

予定日近くなって陣痛が起きてきて、病院に向かわなければいけなくなった時に、登録していた電話から配車センターに電話をかけます。baby

連絡を受けたタクシー会社につながり、迎えに来てくれて病院まで連れて行ってくれます。

24時間配車センターのオペレーターが待機しているので、365日いつでも駆けつけてくれます。

料金は通常のタクシー料金と迎えに来る料金410円が加算されるようです。

他には妊婦健診で病院に行く時のも使えるそうです。

今でもそうですが出産は病気ではないので、救急車は呼べません。

でも、痛みが急にきたら慌てますよね。

今なかなかタクシーが拾えなかったりするので便利ですね。

私達の時代には考えられなかったサービスが今在るんですね。

喋らなくても電話するだけで、モニターにかけた人の情報が流れて直ぐに対応できるそうです。

安心して乗れる

乗務員全員が助産婦から直接妊婦への対応の仕方を勉強しているようです。

もし途中で破水してシートを汚しても別料金は払わなくて良いようです。

最初陣痛タクシーに乗った乗務員は大変ドキドキしたようですが、人の役に立つことをしているので、モチベーションもあがったようです。

いくら出産が近いとはいえ、夫や家族はいつもそばにいるとは限りませんよね。

妊婦に取っては安心のサービス。

調べると全国にたくさんありました。

北海道から沖縄各地にママサポートと言うネーミングのサービスも在るみたいです。

老人用の介護タクシーとかありますものね。

奥さんの大島みゆきさん。

元気な赤ちゃん産んでくださいね。

待ちどうしいですね。

そうそうお二人の生まれるお子さん名前決まってるようですよ。

大島美幸の子供の名前で書いています。

良かったら読んでみて下さい。

まとめ

マタニティータクシーとは陣痛タクシーやママサポートタクシーと言って、妊婦さんが出産を控え陣痛が着た時に、安心して病院まで行けるように手伝ってくれるシステムでした。

料金も特別高くないので、安心して利用できますね。

今後介護タクシーのようにマタニティータクシーが、当たり前になるような社会になると良いですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。