Pocket

高山優希
http://www.hb-nippon.com/引用

2016年春の選抜甲子園大会で注目されている、高山優希選手の出身中学や、彼女の噂、ハーフと噂されている国籍などに迫ってみよう。

高山優希選手の出身中学は大阪市立城陽中学校です。

本格的に野球を始めたのは小学校1年生からで、森之宮キャッスルと言う軟式野球クラブチームで野球を始め、中学時代は野球部には所属せずに、大阪東ボーイズと言うクラブチームに所属してました。

3年夏時に、野茂英雄さんが総監督を務める「NOMOジャパン」の日本代表にも選出され、当時のチームメイトに藤嶋健人選手(東邦)
が選ばれていました。

高山優希選手と言えば、180cmでスラっとした細身の体に、クリっとした目が印象で、どこかハーフのように見えますが、見た通りハーフなのです。

父親は日本国籍ですが、母親のルーデスさんがフィリピン国籍との事です。

高山優希選手は二重国籍のハーフ高校球児と言う事になります。

ちなみに女性ファンに気になる彼女はいないようです。

毎日野球漬けの日々でそれどころではないのでしょう。

ハーフと言えば、ここ最近ではスポーツ界で賑わせている存在です。

去年の夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)や、サッカーU-21代表の鈴木武蔵選手や
オナイウ阿道選手など、様々なスポーツ界での活躍が輝いています。

高山優希選手も春の選抜で注目を浴びる事になるでしょう。

スポンサーリンク