Pocket

2018年春のセンバツに出場が決まった三重高校について秋の大会のメンバーや戦績、今のチーム情報や注目選手について紹介してセンバツを見るさいにさらに楽しめるように紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

三重高校野球部紹介

三重県代表 三重高校 4年ぶり13回目

あの有名な歌手、西野カナさんの母校です。

監督は小島紳監督です。

17年から監督に就任し、初めての秋大会で選抜へと導いた手腕の持ち主です。

秋大会のチーム成績は、三重県大会は優勝、東海大会は4強でした。

三重高校野球部メンバーの出身中学と守備位置一覧

番号 名前 守備 出身中学
1 定本 拓真 投手 大阪 八尾市大正中
2 東 亮汰 捕手 三重 伊勢市港中
3 平井 聖雅 内野手 岡山 岡山市岡北中
4 曲 孝史朗 内野手 三重 松阪市久保中
5 前出 健汰 内野手 三重 松阪市嬉野中
6 井上裕斗 内野手 京都 木津川市木津第二中
7 森 敦生 外野手 大阪 大阪市松虫中
8 梶田 蓮 外野手 大阪 八尾市久宝寺中
9 浦口 輝 外野手 三重 松阪市鎌田中
10 山本 大雅 控え 三重 南伊勢町南勢中
11 福田 桃也 控え 大阪 大阪市淀中
12 山田 淑貴 控え 三重 四日市市三滝中
13 吉井 洸輔 控え 三重 松阪市西中
14 古屋 陽登 控え 三重 四日市市笹川中
15 伊藤 響 控え 愛知 扶桑町扶桑中
16 桐田 享弥 控え 兵庫 神戸市本山南中
17 伊藤 陸 控え 三重 松阪市久保中
18 押田果威斗 控え 三重 伊勢市厚生中
19 山下 空良 控え 愛知 名古屋市神の倉中
20 山中 遼人 控え 三重 津市白山中

 

11名が三重県内の出身者です。

他県からもかなりの選手が入学しているようです。

他の地域からは大阪府からの選手が多いようです。

強豪、自分を高められる高校だという認識は変わらないようですね。

26年度の甲子園準優勝がさらに人気を高めたのか、その時期から

県外の選手が増えてきているようです。

注目選手について

定本拓真

均整の取れた体格をしており、145キロを超える直球とカーブが武器の、ドラフト候補に上がってくる逸材です。

前チームでも下級生ながらにエースとして牽引し県大会準優勝まで持っていきました。

そして、現チームではエースでキャプテンと、チームの大黒柱となっています。

これからの選手としての成長と、人間としての成長がとても楽しみな選手です。

梶田蓮

スピード感があり、攻守走三拍子揃った選手です。

チームを勢いづかせることができる切り込み隊長として、甲子園でも暴れまわることは間違い無いと思います。

また守備もとても高水準のため、守備の中心、打撃の中心、チームの中心であるのは間違いないところです。

1番起用から3番機用に変えるなど首脳陣の新たな思惑もあるようですがそれをこなせるようになるのは間違い無いでしょうし、成長することは間違い無いでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

秋大会のメンバーと注目選手、監督についてまとめてきました。

監督は、このチームを個々の能力だけなら、2014年の甲子園準優勝したときのチームよりも上だと言います。

伝統の打力を残しながらも、投手力を中心に勝っていくことができるチームだと思います。

さらにここから、厳しい練習を乗り越えたらさらにレベルアップする姿を観れるでしょうね。

一冬こえた姿を楽しみに見守って行きたいですね。

スポンサーリンク