Pocket

赤ちゃんの咳がひどくなると、食事がうまくできなかったり食べたご飯や飲んだミルクなどを吐くことが増えてきます。

大人も同じですが、咳がひど過ぎて吐くのは辛い症状ですよね。

少しでも咳を鎮めて早く治すために栄養をとってもらいたい、そんなときは吐くのを予防するための対処法を試してみましょう。

特別なことをしなくても赤ちゃんが咳をした時に吐くことがないよう気をつけるだけで、随分症状が楽になってきます。

そこで今回は赤ちゃんの咳の対処法として、吐くときはどうしたら良いのかご紹介していきます。

赤ちゃんが咳をした時に吐く理由とは?

赤ちゃんが咳をした拍子に吐く理由は大人に比べて胃の容量が小さくて、さらに胃の形が縦長でトックリのようになっているためです。

また大人の場合は胃の入口が硬く閉じているのですが、赤ちゃんはまだ筋肉が未発達なので閉まっていないのです。

そのため咳をした時にお腹に力が入ると、それが引き金になって吐くことが多くなります。

大人でもお腹がいっぱいの状態で激しく咳き込むと、吐きそうになることがありますよね。

それと同じく、赤ちゃんがお腹いっぱい食べた後やミルクや母乳をたくさん飲んだ後は少しの咳で吐くことが多いのです。

また鼻水が出て呼吸がうまくできなかったり、痰が絡んで気持ちが悪くなることもあります。

そのため咳の原因となる痰や鼻水を取り除いたり、食事や授乳に気をつけるのが大切になります。

赤ちゃんが咳で吐く時の対処法3つ

赤ちゃんが咳で吐く時に、どのような対処法をおこなえば症状が楽になったり出にくくなるのでしょうか。

では赤ちゃんが咳で吐くのを少しでも抑えるための対処法を、主に3つ見ていきましょう。

授乳後すぐは横にしない

月齢の低い赤ちゃんにやりがちですが、授乳後にすぐ横に寝かせてしまうのは避けましょう。

赤ちゃんの胃はまっすぐの形状なので、ただでさえ逆流しやすい状態です。

そこに咳が加わると、それだけで刺激となって吐くことがあるからなのです。

また横になると赤ちゃんの狭い気道がさらに狭まって、余計に咳がひどくなってしまいます。

授乳後は30分ほど上体を起こして抱っこして、様子を見てから寝かせるようにしてくださいね。

水分補給や食事は少しずつにする

赤ちゃんが咳をしていると、栄養をとって1日でも早く治るようにとつい食べさせ過ぎたり飲ませ過ぎることがあります。

しかし赤ちゃんが咳をしているときは、吐くのを防止するためにも水分補給や食事は少しずつ与える必要があるのです。

少しずつ食べたり飲むことで、咳によって胃に負担がかかっても吐く頻度が少なくなります。

離乳食は1ステップ下げる

5ヶ月以上の赤ちゃんの場合は、離乳食を始めていることも多いでしょう。

しかし咳がひどい場合には、吐くのを防ぐためにも離乳食のステップをひとつ下げることが大切です。

離乳食を始めたばかりの段階では、一度ミルクや母乳のみに戻して胃に負担がかからないようにします。

カミカミ期で固形の食べ物を与えている場合には、咳が出ている間は柔らかい状態にしてあげると吐くのを予防できます。

赤ちゃんが咳で吐く時は受診する?

赤ちゃんが咳で吐く分には、良くあることなので特に病院に行かなくても問題はありません。

ただ赤ちゃんが咳をすることで苦しい思いをしているなら、早めに病院に行って対策をする必要があります。

咳で吐くことに対して心配するよりかは、咳が出ていることをまずはどうにかしていきましょう。

毎回食事がまともにとれないくらい咳き込む場合には、熱などがなくても医師の診察を受けることをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんの咳の対処法として、吐くときはどうしたら良いのかご紹介してきました。

赤ちゃんが咳をした時に吐く理由は3つあります。

まず胃の容量が小さく縦に長いトックリのような形状をしていること、そして胃の入り口がしまっていないことが挙げられます。

対処法としては授乳後にすぐ赤ちゃんを横にして寝かさない、水分や食事は少しずつ与える、そして離乳食のステップをひとつ下げることです。

赤ちゃんが咳をして吐くのは特に心配要りませんが、まずは咳を緩和するために早めに病院には行くようにしましょう。

咳がおさまってくれば、食事もじきに元通りに食べられるようになるので安心してくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。